大いなる躍進

英国人の入植者が受け継いだ世界は、王、貴族、富裕な紳士により統治されていました。そして1776年、アメリカに住む人々は、そのような世界を変えようと決意しました。「人民」を唯一の拠り所とした新しい政府を設立しようとしたのです。しかし、「人民」とは厳密にいって誰なのでしょう?「人民」による政府はうまくいくのでしょうか?独立戦争から現在に至るまで、アメリカ人はこの疑問について議論してきました。

革命

革命

1765年、入植者は国王ジョージ三世に忠誠を誓った誇り高き英国人であると公言していました。それが、なぜ変わったのでしょうか?まず、英国の特定の方針に対する不協和が起こり、その後、政府に対する異議の高まりに発展しました。しかし、国王も議会も、入植者の不平に耳を貸すことはありませんでした。

ボストン虐殺事件

軍のボストン占拠は、兵士と市民の間に激しい対立をもたらしました。英国兵士が群衆に向けて発砲し、5人の入植者が死亡しました。熱烈な愛国主義者の銀細工師、ポール・リビアは、この出来事を題材に版画を制作し、一般大衆の間に激しい怒りの炎を燃え立たせました。このリビアの版画は、1832年に刷られたものです。

 

大いなる躍進

英国政府に対する入植者の不平は、後に植民地全体の団結につながりました。この組織は次第に、共通の考えを持つ他の組織との連帯感を育み、共通のコミットメントを示すようになりました。1776年、組織による共通の抵抗運動により、新たな政治的アイデンティティが受け入れられました。

消火バケツ

地域の委員会、全国規模の集会、そして議会が、愛国者の組織の中心になりました。このような動きは、消防隊などの地域グループで育まれた、共同参加の発想と習慣から生まれました。この革製のバケツは、マサチューセッツ州バーンスタブルの愛国的な商人、サミュエル・アライン・オーティスが所有していたものです。バケツに刻まれたラテン語の言葉は、「苦悩の時代の友情」を意味します。


前方右側の2つのショーケースに移動しましょう。