市民の創出

アメリカの民主主義の理想を実現するためには、「人民」を定義し、市民権の意味を決定する必要がありました。建国の文書で明確に述べられていない、このような未解決の問題は、後の世代に残されました。市民の多様化はどの程度まで許されるか?共通のナショナルストーリーを共有する必要はあるか?市民の権利と責任とは何か?

市民権の定義

市民権の定義

アメリカ人は自分の国が移民の国家であることを誇りにしてきましたが、新たな移民を受け入れながら、国の性質の変化を懸念するといった葛藤が常にありました。共和国建国の当初から、アメリカの歴史、価値観、権利、責任について、新しく市民となる人々を指導するための法律が制定され、ガイドラインが作成されてきました。

奴隷解放宣言のインクスタンド

1862年夏、エイブラハム・リンカーン大統領は、陸軍省の電報局のデスクの前で、南部連合国の奴隷を解放する大統領令草案の執筆に取りかかりました。この法律は適用範囲が限られていたものの、革命的な影響力がありました。奴隷解放により、また1865年の奴隷制度廃止に関する修正第13条の通過により、400万人以上のアメリカ人が法的に所有物としての地位から解放されました。権利取得の戦いは容赦なく続いていましたが、彼らは米国市民になりました。

市民の多様化はどの程度まで許されるか?

市民の多様化はどの程度まで許されるか?

移民が作った国では、市民としての理想的な性質とは何かが専ら議論されてきました。「多文化主義」、すなわち多様な文化的遺産の保存が国を豊かにするという見方もあります。また共通の市民を要求する人々もいました。移民が同化され、彼らの伝統が均質なアメリカ文化に変わる「るつぼ」の文化です。また、移民を制限し、特定の人種と民族の集団を排除することを要求し、多様化に対抗する人々もいました。このように非常に変化に富んだ状況は、経済、外交、移民政策、また教育と社会福祉制度についての国の政策討議に多大な影響を及ぼしました。

自由の女神、ハヌカの大燭台

マンフレッド・アンソンは、1986年に自由の女神像建造100年を記念して、このハヌカのランプをデザインしました。10代でナチスドイツから逃れたアンソンは、すでにアメリカに移住していた家族と再会しました。このランプに、アンソンは伝統的なポーランドの大燭台に、19世紀の自由の女神像の記念品から鋳造したレプリカを配置しました。

 

共通の国民のアイデンティティが必要か?

独立の後、新国家の市民は独自のアイデンティティを形づくり、独自の歴史を作り出そうと努力してきました。独立記念日や、後には感謝祭などの休日を制定し、プリマス・ロックへの上陸から始まり建国の父や独立戦争に続く、アメリカの物語を記録に留めました。自分たちの記録のためだけでなく、市民権という共通の理想を今後の世代に引き継ぐためでもありました。その結果、議論は今も続いています。共通の信念となり、国の価値を伝えるような物語を作るとしたら、どのような内容にすべきか、ということです。

アメリカの偉大な歴史時計

精巧なデザインの機械装置を配列した、この19世紀の荘厳な時計は、アメリカの歴史を蘇らせるために作られました。エンターテイメントと教育のあいだの壁をなくした、この華麗な民族のモチーフには、コロンブスの到来、ジョージ・ワシントンからベンジャミン・ハリソンまでの米国の歴代大統領といった愛国的なイメージがちりばめられています。