投票の向こうに

憲法修正第1条は、「人民が平和的に政府を招集し、政府に抗議の救済を請願する権利」を制限する法律を、議会は制定できないと規定しました。選挙政治への参加が制限されない状況において、大きく異なる能力や資源を持った個人と集団のそれぞれは、表舞台で、舞台裏で、そしてその時代のマスメディアを通じて、自らの利害関係と懸念を国民の前で表明しました。18世紀初頭の請願や大規模なデモ、政府役人の公式および非公式のロビー活動、そして電子メールキャンペーンを通じて、アメリカ人は投票箱の向こうで国を実現する、この非常に基本的な民主的権利を行使してきました。

請願

請願

正式な請願書に、他の人と一緒に自分の名前を書き加える単純な行動が、政治的な独自性と権利を主張することになります。請願は万人に開かれた行為ですが、投票権のない人々の間では特に重要です。初期の共和国では、大規模な請願活動は、貧しい白人男性と女性、解放された黒人、その他の少数民族に、抗議の声を上げる手段、国の行方を左右する決定に、一定の役割を要求する手段を与えました。

請願権の杖

1830年代、奴隷廃止論者のグループが、奴隷制の廃止を要求する大規模な請願運動を行いました。1836年5月26日、下院は、奴隷に関するすべての請願を、読まず、照会せず、印刷せずに、棚上げすることを規定した「言論統制法」を採択しました。連邦議会に再登院していた前大統領、ジョン・クインシー・アダムズは、請願者の運動を擁護しました。アダムズの運動に対して徐々に支持が高まり、1844年12月3日、下院は言論統制法を廃止しました。投票の結果、奴隷制度支持者は大敗しました。彼らは今後も連邦の支持を得られるか、危うい状況にあることに気づきました。ジョン・クインシー・アダムズは、言論統制法反対運動を主導した功績が認められ、この象牙の杖を贈られました。

行動による請願

行動による請願

地元での抗議からワシントンでの大規模行進まで、デモ参加者は、問題を回避する傾向にある役人に、自分たちが訴える問題に取り組ませようと努力してきました。想像し得る限りの手段を使って、人々は政府の前に現れ、耳を貸すように要求してきました。プラカードを持ち、歌を歌い、演壇から叫びながら、美しく感動的か、あるいは無礼で侮辱的かを問わず、このようなデモ行為は、アメリカの民主的プロセスにおける一つの権利行使なのです。

ロビー活動

ロビー活動

他の形の請願と同様に、ロビー活動は政府の政策に影響を及ぼすための、直接の行為を伴います。ワシントンD.C.のホテルのロビーで定期的に政治家と対峙していた時代から、政府に影響を与え、参加するための、重要な手段として用いられてきました。ロビー活動は、それぞれの大義を擁護する個人と非公式グループにより、また相当の資金を自由に動かす大企業や著名な組織を代表する、資金が潤沢な専門家により行われてきました。

スーザン・B・アンソニーのシルクのショール

1890年代、女性の権利を提唱するスーザン・B・アンソニーが赤いショールを身にまとって国会議事堂に現れたら、ワシントンに春が来たことがわかると言われました。


大きな時計のある赤のセクションに移動しましょう。