市民の創出 2

市民の権利と責任とは何か?

市民の権利と責任とは何か?

建国の時代のアメリカの政治的指導者が主張したのは、理想の上に独立国家が築かれるということです。すなわち、市民が「生命、自由、幸福の追求」の権利を手にし、そして憲法の下で「公共の福祉を発展させ、自由の恩恵を保証する」政府が作られるという理想です。このような権利の下では、新しい国家の約束を果たすために、市民にも責任が伴うと考えられていました。このような高尚な目標と原理は、常にその解釈が分かれ、時代とともに発想が多様化し、論議が加熱していきました。
 

4つの自由

フランクリン・D・ルーズベルト大統領は、1941年1月6日の連邦議会における一般教書演説の中で、国が世界大戦の脅威に直面していることを明確に述べました。「我々は、人類の必須の4つの自由を基盤とした世界を待ち望んでいる」とルーズベルト大統領は述べました。4つの自由のうちの2つ、言論の自由と信仰の自由は、権利宣言に具体的に盛り込まれていました。欠乏からの自由と脅威からの自由は、恐慌と専制政治の脅威に直面した世代から、強く望まれた自由でした。アーティストのノーマン・ロックウェルは、1943年の一連の絵画作品にそれらの権利を劇的に描き出しました。


ツアーを終える前に、独立宣言から引用した次の文言の意味を考えてみましょう。

人はみな平等であること、一定の不可侵の権利が創造主から与えられていること、特に生命、自由、幸福の追求の権利が与えられていることは、自明の真理であると私たちは信じている。これらの権利を守るために、人々の間に政府が樹立され、政府は統治下にある者たちの同意に基づき、正当な権利を得るものとする。

- 1776年7月4日の独立宣言。