大いなる躍進 2

独立宣言

独立宣言

1776年、多くの入植者が大いなる躍進を遂げました。「人はみな平等」であり、「生命、自由、幸福の追求」の「不可侵の権利」が与えられるという理想の下に団結しました。彼らは、すべての政府は人民から選ばれ、一般大衆の合意に基づくべきであると宣言しました。その後200年以上のアメリカの政治と社会は、このような理想により形づくられました。しかし、それでも不平等な世界でした。アメリカ人は、不平等を残した社会的階級と制度の信念を受け継ぎました。何世代にもわたり、独立宣言に鼓舞されたアメリカ人は、このような矛盾する発想およびコミットメントと闘ってきました。

トーマス・ジェファーソンのデスク

トーマス・ジェファーソンは1776年6月に、このデスクで独立宣言の草案を起こしました。ジェファーソン自らが設計したこのデスクは、蝶番付きの天板と、紙、ペン、インク壷を入れる鍵付きの引き出しが付いています。独立戦争の愛国者、アメリカの外交官、そして米国大統領となったジェファーソンの側には、いつもこのデスクがありました。

 

憲法の採択、1787~1788年

長い戦争と多くの紛争の後、アメリカ憲法の支持者は、アメリカ人に「自由の恩恵を保証する」、安定した中央政府の必要性を力説しました。しかし、拡大する国をまとめることができたのでしょうか?州同士が常に協力してきたとは限りませんでした。議会は非常に脆弱で、欧州やアメリカ先住民の影響力に抗すること、あるいは州内や州間の紛争を解決することはできませんでした。憲法制定会議の代表は、権限を中央政府に移譲することで合意しました。同時に、国民全体を代表する連邦政府の役人を、直接または間接的に選任することを規定しました。

ジョージ・ワシントンの書類箱

憲法制定会議が1787年5月にフィラデルフィアで開かれ、議長としてジョージ・ワシントンが選出されました。その後4か月間にわたり、55名の代表が、議事を報道公開せずに非公式に協議を続け、最終的に、国民のための憲法案に合意しました。ワシントンはこの書類箱に、政府の新しい枠組みの形成に関連した書類を保管しました。


前方の大型の印刷機に移動しましょう。

 

大論争

独立戦争は終わり、憲法が批准されました。しかし、「人民」による政府の意味についての論争は、始まったばかりでした。政治権力は相変わらず、富、著名な社交界の家柄、そして影響力のある縁故に依存することになるのか?政府の新しい代議制度は、本当に一般市民の利益と意見を代表できるのか?人民は政治にどのように参加して、その声を届けるのか?

ベンジャミン・フランクリンの英語版一般紙

政府の管理下にない新聞は、市民が公務についての情報を得るために、欠かすことができないものでした。しかし、アメリカ人の国王ジョージ三世への忠誠を揺るがせた自由な報道手段である新聞が、今度は新しい立憲政治への忠誠を蝕むことにはならないかという懸念がありました。


前に進み、右側の円形の部屋に入りましょう。