交渉の場所

誰が自由を手にしているのでしょう?どこまでがアメリカ人でしょう?誰が平等な権利を有しているのでしょう?アメリカ人は、多様化に直面した時、時には国内のビジョンの競合に直面した時に、このような問いへの答えを見つけようと奮闘してきました。そして、その時々で答えを見つけてきました。私たちもそうしなくてはなりません。

このようなアイデアを具現化したメディアのインスタレーションをご覧ください。次に左の壁の3つのケースに注目してください。

自由のための交渉

自由のための交渉

奴隷としてのアフリカ人の移住策と、新国家創設者による奴隷制度の容認により、アメリカは平等、自由、独立の理想と対立する制度の制約を受けるようになりました。北部と南部の経済は奴隷労働から利益を得ていましたが、奴隷制度反対の声を上げ、行動する人々が出てきました。その結果、南北戦争後、憲法修正第14条が市民に新たな人民の解放を約束したのです。

奴隷が身に着けていた身分証明タグ、1800年代初頭

奴隷制度廃止の支持者用に製造されたメダル、1800年代初頭

包摂の交渉

包摂の交渉

1850年代初頭、ゴールドラッシュで一山当てようと、多くの中国人がアメリカ西部までやってきました。彼らの人種、文化的認識の違い、職場への影響は、白人アメリカ人の間に混乱を巻き起こしました。1882年の中国人排斥法は、特定の集団の米国への移住を阻止する唯一の法律で、最初の移民制限法であり、その後多くの同様の法律が制定されました。同法は1943年に廃止されます。

アジア人排斥を示す彫刻、1880年代

自由の女神像の縮小版(多くの人々から包摂と容認のシンボルとみなされた)、1880年代

平等の交渉

平等の交渉

1900年代、黒人は法律と慣習により、社会全体で白人から隔離されていたため、第二次世界大戦後、アフリカ系アメリカ人が完全な市民権を求める動きが高まり、多くの黒人がこれに参加しました。彼らは、1954年の「ブラウン対教育委員会裁判」における最高裁の判決と、1964年の公民権法により、統合社会に向けた法的措置を実現しました。2つの法律をどのように施行するかに関して、地域コミュニティの意見が割れることもあったようです。

人種分離主義の学校の卒業アルバム、アーカンソー州リトルロック、1947年

ボストンの学校の通学統合プログラムに抗議して割られたスクールバスの窓、1972~1973年


次に見学するショーケースは、「Religion: Places of Worship(宗教:信仰の場)」です。真後ろにある「Work: In the Garment Industry(仕事:衣料産業)」セクションの反対側です。