交渉の場所 2

宗教:信仰の場

宗教:信仰の場

信仰の自由は、アメリカにおける宗教と文化の顕著な多様性を支えてきた理想です。特にこの数十年間は、この地で自由に礼拝する機会を求め、世界的な宗教集団が増えてきました。宗教上の信念は、民族あるいは文化による分断を招くことがありますが、多様な背景を持つ市民を同じ信仰と価値観の下に団結させる場合もあります。

信仰と地域社会

宗教法人は、地域住民のアメリカでの生活の安定を支援し、市民参加の拡大を奨励してきました。宗教法人は価値観の異なる人々を遠ざける場合もありましたが、多くの場合、多様な背景を持つ人々を共通の信仰という形で結集させました。

トルネードの惨劇の後の追悼集会、2013年

北米ヒンドゥー寺院協会

1970年に設立された、北米ヒンドゥー寺院協会は、ニューヨーク市エリアに初めて設立された最も有名なヒンドゥー寺院の一つです。この寺院の宗教的シンボルの模型は、建物に組み込まれた彫刻ですが、知識と容認のランプで照らされて、世界の5大信仰の宗教間の多様性を表現しています。

北米ヒンドゥー寺院の宗教的シンボルの模型、1970年頃

北米ヒンドゥー寺院協会

次に右側の展示物に移動しましょう。

スポーツ:野球

スポーツ:野球

前世紀の多様な文化を持つ人々を結集させた野球ですが、1900年代半ば以前は、メジャーリーグの試合にも隔離政策が採られていました。全米を代表する試合には、国内の人種と民族についての重要な問題と論争が反映されていて、移民や差別を受ける人々が、アメリカ人としての証を交渉する一つの方法が試合でした。

全米代表の試合

野球は様々な背景を持つ人々を一つにまとめ、移民が国内での受け入れを探る上での一つの方法となりました

スタン・ミュージアルが使用したバット、1958年

スタン・ミュージアルは、ポーランド移民の息子でした。

カール・ヤストレムスキーが使用したヘルメット、1970年代

カール・ヤストレムスキーは、ポーランド語と英語を話す家庭に生まれました。


後ろの壁をご覧ください。セクション表示のあるアルコーブの左から、矢印に沿って右側に移動すると、シカゴとロサンゼルスについての説明に入ります。